2017年08月31日

珍客のオオダカグモ


先程、
壁に何やら気配を感じ
ふと見上げると…

3センチほどの蜘蛛がおりました。
よくみると、オオダカグモの子供らしい。

オオダカグモは大きい子で、
手のひらサイズにまでなる土蜘蛛です。

何故知っているかとゆーと、
昔住んでたマンションで、
家のなかでオオダカグモが産卵してしまって、
なん百ぴきもの子蜘蛛達が家中に散らばっていった事があったからです。
そして、生き延びた子達が、
成長すると姿を見せに現れていました(;-Д-)

(どんだけ虫に縁のある人生じゃ…)


むかーしのブログに書いたことがあり、
そして、写真も載せましたが、
今回は苦手な方もいると思い、写真はとりませんでした。


オオダカグモは、Gをやっつけてくれます!
我が家は虫系の被害が多いのですが、
何故かGだけはいまだに出てこないのです。

が、
オオダカグモがやって来たとゆーことは
そろそろくるのか!?!?

と思いまして、
オオダカグモさんは捕らずに住まわすことにしました。
虫、退治してくれるので…

ただ、でっかくなったら考えますが…

動きも早いしギョ!っとしますが……

そして、
蜘蛛の天敵、猫がおりますが…

rakugaki_20170831223832022.jpg

rakugaki_20170831223917300.jpg

逃がしてあげた方がいいような気もしますが、
もう少し様子をみようと思います。

とかいって、増えて後悔したりして(>д<*)

今は3センチほどです。
成長したらまたご報告します!!

posted by A_SOUL at 22:56| Comment(2) | 日記

2017年08月30日

気が滅入った一日の終わりでも…


優しい愛が待っております。


愛猫達の無償の愛パワーに癒され救われます…

20170830_230859.jpg

20170830_230920.jpg

このまま寝て起きたら、
気持ちが切り替わって
明日からまた前向きに…


…いければいいんですけどね(-_-; )

なかなか…

前向きって難しい。。


仕事復帰して9月で9カ月、
そろそろまともにならないと…
と、焦る思いでまたネガティブに。

悪循環が止まりません。

明日は穏やかな一日になりますように…
と毎夜願う今日この頃…

平穏って、素晴らしい。
平穏を引き寄せるような自分になりたいよ…。

と、
愛猫に相談したりすると、

rakugaki_20170830233630900.jpg

ペタ!っと励ましてくれるしゅう。

なんだかんだと
愛猫に癒され
眠りにつく母ちゃんなのでありました。

posted by A_SOUL at 23:42| Comment(4) | 猫の事

2017年08月22日

らら、低血糖!!!


昨日、私はお休みでした。

一日グッタリとして、毎度のように、
しゅうららと寝続けておりました。

起き出して階段を皆で降りていると、
ららの足取りがなんだかおかしい…

ん???

と、思いながら一階へつくと、
ららは前足と後ろ足をもつれさせながらヨロヨロしている!!
顔面もなんだかヒクヒクしている!!

寝過ぎて痺れたのかな…

とも思ったけれど、
あまりのふらふら具合が心配になり、
即効着替えてららをケージへinし、
終わり間近の動物病院へ駆け込みました!!

出てきたのは院長でしたが、この際そんなことは気にしていられない。
ららの様子が!
と慌てる私に、院長はとにかく血糖値を測りましょうと、
ららの首もとから血液を採取し始めた。

!!

いつも血糖値を測るために血液採取するときは、
3人がかりで押さえつけていたのに、
このときは、私が軽くららを抱えただけで、
院長は簡単に首もとから血を採っている。

腕が良すぎるじゃないですか!院長!!

と、ちょっと感心してしまった。


そしてしばらく待つと、

やはり低血糖になってますよ!と。

血糖値は32。
病院へ来ていて興奮しているはずなのに32。
これは低すぎる。

とりあえずはインスリンの量を減らして、
二週間たったら、以前やった糖化アルブミン検査をすることに。

※糖化アルブミン検査は、前二週間のインスリンの量が適当かどうかチェックする検査。

低血糖の時は、フードや糖分を与えれば、
血糖値は上昇し落ち着きます。

そして、
前回病院で計った体重は4.5キロ、
今回はなんと4.8キロ。

フードを増やしていないのに増えている。
これは、糖尿病の子からしたらよい傾向。
栄養がちゃんと廻っている証拠。

本当にららはインスリン投与をやめられるかもしれない。

院長いわく、
糖尿病で、この年で何も併発していないで元気だし、
ららちゃんは長生きですよ!と言われた。

毛質も良くなってきたし、声にも張りがある。
だからこそ低血糖に気づかなかったけれど、
もっと注意して見ていないと…
ららの元気は普通の元気とは違うのだ。
仕事でクタクタしている場合ではない…と反省…
ららが私を見つめていたのは、
にゃんかしんどいにゃ…と言っていたのかな。
ごめんね、らら。
rakugaki_20170822181040171.jpg

たまたま休みで本当によかった…

今は容態も落ち着いています。
20170821_204014.jpg

大事に至らずよかったです。

夏の暑い日に、
ひんやりした瞬間でした…

2017年08月16日

らら無事に13歳!


しゅうに続き、
ららも13歳になりました!!
rakugaki_20170816122124969.jpg

糖尿病になったとき、
私が仕事を休まず、インスリン投与をしていなかったら、
今ここにららは居なかったと思うと、
無事に13歳を迎えてくれたことが本当によかったと、
心から思います。

体重が予定よりも多く戻って、
とてつもなく元気復活した、たくましいららを、
私も見習って生きていきたいなと思います!

これからも、楽しく過ごしましょう!


P.S.
シバンムシは、無事いなくなりました!!
やはりおからの猫砂が原因でした。
雨が多い今週、また虫が湧きませんように…


posted by A_SOUL at 12:42| Comment(6) | ららの事

2017年08月07日

おからの猫砂、要注意!


我が家では、
一階と二階に猫トイレを設置しています。

今年に入ってしばらくしてから、
愛猫たちは二階のトイレを使わなくなりました。
一階に3個設置してあるので
起きている内に事足りるのだと思われます。

で、
二階は、和室と階段上の二ヶ所にあるのですが
和室の猫トイレは、
今はもう使うのをやめた、おからの猫砂を置いたままでした。
もちろん未使用のもの。

もう使わないから片そう片そうと思いつつ、
しばらくおいてあったのですが…


数日前になんとなく、
その猫トイレをまじまじと見ると、
何やら茶色いものがいっぱいうごめいている…(゚Д゚;)

よくよく見ると、
先日チラリと書いたシバンムシ!!!

そう、シバンムシの発生源は、
そのおからのトイレ砂だったのです!

猫友さんがお教えくださった、
畳や衣類にも卵を産み付けて増えるとの情報…
即座に撤去したのですが、
すで解き放たれたシバンムシ達が、
畳やら衣類やらに卵を産み付けていないか心配…

ほぼ見なくなったのですが、
今ちょうど、一匹ブーンと飛んでいました(´д`)

畳が発生源では無かったのが一安心ですが、
卵、生んでいませんように((T_T))

片そうと思ったものは、
すぐに片す!とゆー教訓でした…反省…

rakugaki_20170807180756369.jpg


posted by A_SOUL at 18:30| Comment(6) | 猫の事

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村