2017年02月24日

実家外猫荒らし(`Δ´)


以前チラッと紹介した、
耳カットされていない雄猫…
20170130_173250.jpg


こやつは悪いオスらしく、
実家外猫達の平和な日常を脅かしているらしい( `Д´)/

毎夜外で喧嘩の声がしているらしく、
このオスが追っかけ回しているようで…

20170223_114233.jpg

かわいそうに、
白太郎がやられてしまっていました(涙)
右頬に大きな傷…
拳大に膨れ上がっていたそうな(T-T)
破れて膿は出ているようですが、
まだ少し腫れています…

このオスは仕掛けにも入らず
人にも近づかないので捕まえられない。
メスはみんな避妊してるのだから、
家にいても仕方ないのに、
どうやらちょくちょく来てしまっている…

こーゆーことがあるから外猫の世界は厳しい…
三太郎はおとなしい性格だから心配…

負けるな!白茶黒太郎よ!!!

20170223_121400.jpg


はぁ、
白太郎の傷が悪化しませんように…
そして、
去勢の時にワクチンは接種したけれど、
みんな、変な病気が移りませんように…(祈…)

タグ:外猫 実家猫
posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 実家猫

2017年02月23日

らら再びの病院


前回から一週間後の水曜日。
またドキドキしながら病院へ。

rakugaki_20170222191713640.jpg


血糖値は今回も正常値の120!!
おー!よかった!!

なんと一時4キロまで落とした体重が増えていて
4.6キロになっていました…

まぁ、痩せていないとゆーのは
調子のいい証拠ですよと。

んー、でも一日40グラムと
かなり量を減らしているのに、
まだ多いのかなぁ…

まぁまず運動をほとんどしていないので
消費されないんだよね、
…これまた母ちゃんと一緒で……


と、
今日は以前からちょこっと話に出ていた
ネブライザーとゆー、
鼻づまり解消の処置もしていただきました。

20170222_183155.jpg
これが本体。

最初の頃院長に、
一台5万円くらいだから、
買っちゃった方が安いよ。

と言われた。

確かに一回5000円以上かけてやるなら
すぐに元はとれるけど…

先々いらなくなったら邪魔になるし…
血糖値キットは、
先々私が糖尿病になったときにも使えるし…
(祖母が糖尿病で亡くなったので孫の私は危険なのです…汗)

とゆーことで、
ネブライザーは購入はしていませんが、
買っている方もいるらしい。

20170222_183200.jpg

こんな風に繋げて

20170222_183212.jpg

20分放置。

20170222_183437.jpg

本体から薬剤入りの霧の蒸気が
もわもわと入っていきます。

20170222_183831.jpg

もくもくで見えなくなりました。

このネブライザーと、
二週間効く抗生剤を注射してもらい終了!!

本日もららは頑張りました!
次回は1ヶ月後。

先生、一ヶ月後に辞めてないでねー!

と、願いつつ。

ちなみに尿漏れは、
避妊した年増の子がなりやすいそうな。
女医さんいわく、ワンコの方がなりやすいらしいです。

気にならない程度なら様子見で。
となりました。

rakugaki_20170222194918782.jpg

安定してよかったよかった!!

2017年02月22日

久しぶりのとら。


久しぶりに実家に来たら、
とらが少し他人行儀だった。

まるで子供のように、
少し顔を出さなかったことに拗ねているよう。

20170221_203943.jpg

すぐにご機嫌はなおったけれど^^

可愛い甥っ子だ♪

20170221_220628-1.jpg
posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 実家猫

2017年02月21日

自慢気なしゅう。


棚の上へ登った初チャレンジから、
毎日自慢気に登っているしゅう。

20170215_213055.jpg

その次の冷蔵庫へは
行く気はなさそう^^;

なので
私の背中に乗るのも
まだまだ先になりそうです。

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(2) | しゅうの事

2017年02月20日

ららが好きすぎるしゅう。


毎日ららに遊ぼう!と迫って、
「シャー!!」
と、怒られてしまうしゅう。

それでもそんな気の強いららも大好きなしゅう。

20170218_213421.jpg

ららが椅子の上にいると必ず添い寝しに行く。


ちなみにららは、
先にしゅうがいると
絶対に行かないんですけどね^^;


でも二人が仲良くしていると
母ちゃんも幸せな気持ちになります。


…ららはちょっと迷惑そうだけど…

20170218_215225.jpg

片想いな
しゅうの気持ちが
いつかららに届くのでしょうか…

クール女子らら嬢よ、
愛されるって、幸せなことよー。
たまにはしゅうに甘えたらいいのに^^

母ちゃんに似て、甘え下手ね(T-T;)

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 猫の事

2017年02月19日

クタクタの巻


いやー、外勤サービス業務…
初なので裏方かと思いきやカウンターに立たされ
右も左もわからぬまま、開始いたしました(; Д)゚ ゚

今日はヘビー級な混みかただ!
と常勤スタッフが言ったほど、
人の群れ群れ……
これをさばくのか!
と、思う間もなく次から次へ!

いやー、へたりました…

来週もだと思うと気が重い…

再びのガッツが出せるのだろうか(汗…)

でも新鮮でちょっとだけ楽しかったかな^^;
しゅうのチャレンジの次は
母ちゃんのチャレンジでした。

と、こんなときはやはりこれで癒されます^^

rakugaki_20170212215530247.jpg

いびつなハートで♪


夜うなされなければいいけど…
rakugaki_20170218171916055.jpg
posted by A_SOUL at 00:00| Comment(2) | 日記

2017年02月18日

お仕事は選べません…


金曜日はお休みで、
本日、土曜日は出勤です。

年末から本社勤務となり、
現在は内勤の販促チームにいるのですが、
月に数回、別部署の外勤で、
サービス業務の助っ人をしなければならないのが
本社のルールなのであります…

私は復帰したてなので、
他の販促チームメンバーも、
私の外勤は半年以上たってからだと思うから大丈夫ですよ!
と言っていたし、私もちょっと油断していた。

外勤は、短時間でハードな接客をやるので、
ガッツが必要なのだ。

いきなり今週と来週に入れられてしまった…
みんな「早かったですね…」と苦笑い…

んー、非常に緊張する…
こーゆースピーディーな接客は
人生初なのでありまして…(涙)


とゆー事で、
お休みの金曜日の午後、
体力温存のため昼寝でもしよー。
と、ベッドへ行くと、

テコテコと2猫も当然のごとく着いてきて、

rakugaki_20170217151426874.jpg

この平和な時間がいつまでも続けばいいのにぃー。

今日はやられてヘロヘロの帰宅だなー。

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(2) | 日記

2017年02月17日

ららの甘えモー度


最近ららの甘え度合いが増している↑up↑

しゅうがチャレンジした食器棚の次にそびえるは
冷蔵庫なのですが、
ららが冷蔵庫までたどり着くと
「なぁーん♪」
と私を呼び、
背中背中!とねだります。

で、
1487249769282.jpg

こうなって、

1487249826385.jpg

こうなって、顔を頭にスリスリ…ゴロゴロ…


首に前足を回したりなんかするもんだから、
しばらくこの体制から動けません。

らら様様です。


と、
それをまた、
いつものごとく見上げているしゅう…

きっとこう思っている事でしょう…

rakugaki_20170216215724243.jpg
posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 猫の事

2017年02月16日

らら病院へ行く…2年越しの血糖値検査!


昨日はくたびれた気が気じゃない一日で、
久々にグッタリ感を味わいました。

あれから血糖値測定は失敗続き…
チックンはさせてくれるのに、
どうしても血球にならず必要な量が採れない…
耳は赤く傷跡が増えるばかり…

これはもう、
院長の休みの水曜日に
なにがなんでも病院へ行かねば!!

と、
ららがキャリーバッグにちゃんと入ってくれるだろうか…
道が混んでて間に合わなかったらどうしようか…
そしたらまた来週まで先伸ばしだ…

そんなことばかり考えて、
昨日は仕事が手につかず(秘…)

しかし、
無事に仕事を終え間に合いました!
家へ着き、おかえりー♪と
のほほんと出迎えるららをすかさず抱え
キャリーバッグへin!!

そして病院へGo!!

rakugaki_20170215193957503.jpg


結果から言うと、
数値は基準値範囲内の135。
超美しい数字!!
多分病院へ連れていかれてるので
本来はもう少し低いのかもしれない。

先生曰く、
インスリンを食前にしたことで、
多分低血糖になりかけているところに
ご飯を与えているので、
下がりすぎずにいるのだろうと。

本来ならば
3日か4日続けて、朝ご飯前、夜ご飯前に病院で
血糖値検査をしてインスリンの量を調整するのが理想だと。

さすがにそれは仕事上無理なので、
インスリンの量を
2単位(メモリ)から1.5単位(メモリ)に減らして
来週の水曜日に再検査で様子を見ることに。

通常、糖尿病の血糖値を把握するために、
フルクトサミンとゆー数値の検査を
外部機関へ依頼すると、
前2週間のインスリンの量が適正であるか否かがわかるらしい。

フルクトサミンとは、
血液中の糖とタンパクが結合してできる物質で、
血糖の濃度に比例するのだそう。
その数値を測ることで、インスリンの量の調節に役立つらしい。

とりあえず今回はその検査はせず、
来週の数値を見て調整しましょう!
となりました。

って、
これよこれこれ!

主治医と患者の関係ってこれじゃない??

そう、
皆様お気づきでしょうか…

やはり院長は面倒くさかったのです。
女医さんも、
「転院して2年間一度も病院で測ってないの??」
と改めて驚いてました。

朝晩測りに来てとまで女医さんは言ったのです。

フルクトサミンの事も院長は私に言ったと思います。
超早口で捲し立てて。

だから私にはその単語すら書き留められず、
聞き直せず、
それがどう重要なのかさえわかりませんでした。

でも、女医さんは本まで持ってきて説明してくれました。
これでこそ患者が安心する、
はたまた、飼い主として安心して愛猫を委ねられるのです!


家での血糖値測定も出来ればやった方がいいけれど、
難しければ、
尿で糖を測るリトマス試験紙を使って目安にするのもいいらしい。

本当は足の血管からも採れますよ!
と言われたけれど、
昨日は三人がかりで押さえやっと採血出来たので
自宅でなんて確実に耳以上に無理…

と、
長くなりましたが
そんな一日でございました…

一先ずは数値が落ち着いていてよかった…
rakugaki_20170215193559693.jpg

来週また頑張ろうね、らら!!
昨日はお疲れちゃん!!

2017年02月15日

しゅうのチャレンジ その2


先日、ららの真似をして、
私の膝の上に乗ってみるとゆーチャレンジをしてみたしゅう。

またしても、
ららの動向を下から見ていて、
初チャレンジを決行していました!!

しゅうはずっと昔に、
棚から冷蔵庫に飛び移ろうとして、
落っこちた事があります。
その時のしゅうの凹みかたといったら…
本当に人間のように落ち込んでしまい、
二度と高いところに行くことはなくなりました…

それはおデブさんにしてしまった
飼い主の私の責任でもあるのですが…

なので、ららがひょこひょこっと探検する
ちょっとした棚の上も、
その姿を眺めるばかりで行かなかったのですが、


初めての光景に母ちゃん二度見三度見(○o○)!!
20170212_233402.jpg

このTVのある赤いテーブルと食器棚に乗るのは初めて!

少し体重が落ちてきたからか、余裕ができたのか!

はたまた、

ここのところ、血糖値のことで、
ららの事ばかりだったから、
「僕も見て!」
と、伝えたかったのか…

母ちゃんとしては、
分け隔てなく、愛情を注いでいたつもりだけれど、
ちょっと寂しかったのかな……

でも、よく登ったね!しゅう!!
(猫としては低いんだけどね…高さがあんまりね…)

きっと私の留守中に、
階段で運動してたりして^^;

rakugaki_20170213151714063.jpg
rakugaki_20170213151745528.jpg
rakugaki_20170213151807677.jpg

次のチャレンジが楽しみな
母ちゃんなのでありました!!

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(2) | しゅうの事

2017年02月14日

管理人A_SOULの幼き頃…その2


昨日に引き続き昔話を…

何故にかとゆーと、
アルバムを引っ張り出して
懐かしんでいたからであります。

こちらもHPに載せてたりしますが、
もう少しあるのでお付き合いください^^;

昨日の写真はワンコばかりでしたが、
今日は異種共存。

わんにゃんはshotはよくありますが
20170213_102237.jpg

20170213_102111.jpg

20170213_102042.jpg


この3shotはなかなかないのでは…

20170213_102309-1.jpg

わんにゃんピーちゃん♪

ピーちゃん、何かわんにゃんに話しかけてるようです^^!


猫も沢山いたのですが、
どの写真にも写っている猫は
ワンコ好き、そして
私の面倒見係りの"くっく"です(=^ェ^=)

くっくは温和で大人なお兄ちゃん猫でした。

私の家は林の中にあり、
街灯のない墓土道を通らねばなりませんでした。

帰りが遅くなると真っ暗になるので、
最後の街灯のところでいつも、
聞こえないのに大声で
「おかーさーん!!!」と叫んでました。

そうすると、暗闇の中にキラリーン※!
くっくが迎えに来てくれることも( ≧∀≦)ノ

そんなくっくは、鳥にも優しい。
20170213_102432-1.jpg

初代愛猫フムフムは、
くっくの生まれ代わりではなかろうか?
と思うほど、雰囲気が似ていました。

天敵と言われる異種でも、
その性格や環境次第で
共存できるのですね。

1486949381881.jpg

と、勝手に懐かしがってしまいました^^;

これにて昔話は終了ですm(_ _)m

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年02月13日

管理人A_SOULの幼き頃…


本日は恥ずかしげもなく、
私事の昔話を。

子供の頃は犬・猫・鳥・馬・ヤギ・カメレオン…
と、いろいろな動物達に囲まれて育ちました。

とゆーよりも、
育てられたと言っても過言ではないのかもしれませぬ。

小ちゃいワンコや

20170211_125414.jpg
20170211_125433.jpg

大きなワンコ、

20170211_125344.jpg
20170211_125504.jpg


更には

ヤギに乗ったり

1486785956267.jpg

馬に乗ったり…

20170211_125617.jpg


A_SOULホームページのプロフィールにも
一部掲載しておりますが、
こんな感じの幼少期を過ごしておりました。

ので、
一人っ子でも、淋しいと思ったことはありません。
動物達は兄弟姉妹とゆー役割で楽しい毎日でした。

きっと当時スマホがあれば、
YouTubeでよく見る赤ちゃんと動物の面白い動画が
沢山撮れた事でしょう。

そんなこんなで、
ニュースで動物の酷い話を見たり、
映画やドラマで動物に対しての扱いが悪かったりすると
兄弟姉妹がされたかの如く、
嫌な気持ちになり怒りが湧いてきます。

きっと母ほどではないのかもしれないのですが^^;


あー、
タイムマシーンがあったら、
無邪気だったあの頃にタイムスリップしたい!!

1486785871525.jpg

無邪気な笑顔…
いつから出来なくなったのだろうか…

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年02月12日

寸胴、短足な外猫達…


恒例の、
実家外猫、白太郎&茶太郎。

白太郎は捕まった恐怖から落ち着いてきたようで
少しずつ出てくるようになってきました。

相変わらず私には全く馴れていないので
先日小一時間ほど遊んできました!

20170205090056.jpg

それにしても、
白太郎も茶太郎も、
寸胴、短足、尻尾も中途半端な長さなところがそっくりです。

20170205085946.jpg

二猫のママは姉妹で、目付きが悪いのはママ似ですが、
きっとパパが同じなのでしょう。
寸胴、短足、尻尾はパパ似だと思われます。

それらしきパパは見当たらないのですが…

でも、そのスタイルがまた、
愛嬌があって可愛いです♪
20170204111823.jpg
20170205090130.jpg

茶太郎は触れようとするとサッ!とよけますが、
白太郎はナデナデゴロンチョしてくれました(*>∀<*)
これでお友達♪

日々のストレスから癒された一時なのでありました。

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(2) | 実家猫

2017年02月11日

血糖値の振り幅が…


広いんです…


と、検討の余地などないほど失敗ばかりなのですが…

5日に血糖値が54と出てから6日7日と失敗し、
8日の夜に一回目で20未満で計測不可能…
20170209_195140.jpg

二回目で29…
20170209_195134.jpg

まさか本当に低血糖?

可愛そうだけど確認のため逆の耳で三回目…
20170209_195128.jpg

20って!!
普通に生活できるの??
普通にしゅうと追いかけっこしたり、階段元気に上ってるのに…

怖くなって動物病院へ電話!!

いつもは男性の院長先生なのですが、
この方はなかなか私は苦手…
早口で難しい知識を捲し立てて話すので理解できないことが多い。
しかも、ららの血糖値を病院で測ろうとしない。
病院に、来るだけでストレスなんだから、
何千円も払って当てにならない数値測るなら
家で測ってたほうがいい。
でもそれも当てにならないけどね…

的な感じで、何度も病院を変えようと思ったけれど、
糖尿病は一からとなると大変なのだ。
何ヵ所か断られもした。
私もだけどららにも負担がかかる。
院長の言うことも一理あるとは、思っていたけれど、
なんとなく、ただ面倒なのではないかと思ってしまった…

何故かとゆーと…

電話したら、別の新しい女性の先生が折り返し電話をくれた。

出来ればちゃんと病院へ来て
正しい数値を測った方がいいと言われた。
確かに騒ぎまくって血糖値が上がってしまう子もいるけれど、
そうでないならある程度は自宅よりも確実だと。
カルテを見ると一度も来てないですよねと言われ、
いや、院長先生が来なくていいと…
といったら苦笑いしていた…

今日のところは、
自宅の測定器で数回やって低いのならば、
低血糖である可能性が極めて高いので、
20〜30の場合はインスリンは打たない方がいい。
低血糖でも、普通に生活できる子もいるらしい。

それから、今日低血糖でインスリンを打たないと
翌日にぐっと上がる場合もあるから注意が必要と言われた。

さらには、
以前の病院で、インスリンはご飯の直後に打つように言われたけれど、
この先生曰く、食前の方が低血糖になっても、
ご飯を食べることで低血糖を押さえられるから、打つのなら食前が良いと。

ららはよく水を飲むけれど、
低血糖では水はあまり飲まない。
逆に高血糖の時の症状だ。
それも話したら、
見ているときに長く飲んでるように見えても
一日に換算したらそんなに飲んでいない場合もあるそうな。
我が家は多頭飼いなので水の減りは計れないから厄介なのだ…

でも、いろいろとわかりやすく親身になって話をしてくれて安心した。

これからはこの先生がいる日に見てもらおう。
院長は少し神経質そうだから根に持たれそうだけど…


と、とにもかくにも、
その日はインスリンをうたず、
翌朝はいつもの半分の量のインスリンを注射して仕事へ。

そして帰宅してまた血糖値を測定したら…
20170209_195117.jpg

Σ(゚ロ゚;)!!
高血糖の数値が!!

先生の言った通りに上がってしまっていた…

ただ、これが本当に当てになるのかがわからないから、
正直私の頭はもうパニックだ。

何を信じたら良いのかわからない…

でも、この振り幅が本当なら、
これだけ変動しているららはしんどいだろうなと(涙)
確かに普通だけどいつもより少しポワーンとしているから、
きっとなんとなくしんどいのだろう…

どうしたら安定するんだろうね…


耳チックン、いろいろ調べて、
耳を暖めてからが良い。
ワセリンを塗ると毛に広がらないんだって。
母ちゃんもっとうまく出来るようになって、
数値コントロールが出きるように頑張るから、
ららも頑張ってね…

rakugaki_20170209202950186.jpg

はぁ…
どうか、しゅうは糖尿病になりませんように…(祈…)

2017年02月10日

保護猫と外猫、お友達になれるかな?


実家猫になったとらと、外猫の白太郎。
今日は顔を合わせたので窓を開けてご挨拶♪

(※無音12秒)


とらは外猫達とは全く違う血筋。
別のところから迷い込んできた。

隣の運送会社の大型トラックの駐車場に迷い込んだ仔猫を
運送会社のおじさんや事務のおばさんたちが追いかけ回し、
それに気づいた母も参戦し確保!!

母が確保したらみんなそ知らぬ顔で行ってしまったそうな…

そして小ちゃな仔猫はとらと名付けられ
実家猫となったのであります。

小ちゃい頃に追いかけ回されたせいで人が怖くなり、
誰かが来ると飛んで逃げる。

私になれるまでにも随分時間がかかった。
今となっては、
親戚の遊んでくれるオバチャンが来た!
と言わんばかりに、私にメロメロだ(*≧з≦)

rakugaki_20170208224746842.jpg

本当なら白太郎も茶太郎も家猫にしたかったけれど、
二人はママ猫にしっかり教育されていたので無理でした…

でも遠くにいかず実家の敷地にほとんどいるようなので
そこは安心。
いつかとらと遊べたら、とらも楽しいだろうなぁ。

と、勝手な人間の妄想ですね^^;

なんにしても…

にゃんずの光景はいつまで見ていても飽きないなー♪

posted by A_SOUL at 00:00| Comment(0) | 実家猫

にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
にほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村